世界は今日も美しい

政治と野球のことは書きません。推しという宗教については書きます。

イヤミがシェーすりゃ歯医者が儲かる

悪いオタクなので

イヤミの前歯に矯正器具をつけて

痛みとアイデンティティの揺らぎとで

苦悶するイヤミのおじさんが見たいです

 

おそ松さん見ましたか?

今回は良質なSF回でしたね

そして

我が子を無条件に信じる母の愛と

息子たちのためにがむしゃらに進む父の愛

 

そしてイヤミから溢れ出る男気と色気と

「近寄ってはならないヤバい大人」のオーラ

 

出っ歯でなかったとしても

平日の昼間に吉祥寺駅の周りに座って

時代遅れのスーツに赤のハイヒール履いて

珍妙な口調でクダ巻いてるの

警察の出番ですよ

 

それと対をなすかのような

小市民サラリーマン代表としての松野松造

8人家族を扶養する立派な大黒柱で

自分の息子の生まれた順番は

あんまシャッキリ覚えてなさそうだけど

我が子への愛は人一倍

 

正反対かつ

平時では反目しあってそうな二人が

ここぞというときにタッグを組むのが

最高でした

 

そういえば

イヤミと松造が共闘し立ち向かった

松野たちになり変わった宇宙人たちは

「馬鹿と入れ替わゆ」手法で

人間界を侵略していきました

 

イヤミが乗っ取られないのは

真面目に生きちゃバカになるってな

言葉が似合うような男だから

納得ですが

 

松造もまた

偽物の息子たちを見破る程度には

本質を見ていたと考えれば

まだ乗っ取られていないのもわかります

 

一方で、疑いもせず

(偽)六つ子の就職を喜ぶ松代も

ナンマイダー達の餌食となっていないことから

親バカであれどバカでなしといったところで

 

トト子ちゃんが

ちやほやされる現実に浮かれつつも

トト子ちゃんのままでいられた

ってのも興味深いですね

 

「バカ」っていうのは自分の信念/筋が

一本通ってないような人間のことなのかなと

思った次第です

 

ところで、3期で度々登場する

サラリーマンの格好した松野おそ松くんが

体格こそ違うものの

同じツーブロックの髪型で

スーツをきちんと着てるの

父ちゃんの背中を感じちゃうな

その他

その他って便利な単語だと思う

言葉にできなかったり

分類できなかったりするもの全てを包含する

優しい言葉

 

突き放したような

適当にまとめられた

無視された感もある言葉だけど

所詮相手は自分以外の人間

時にはそうやって突き放された方が

案外気楽なもんですよ

 

今日も世界にとってのその他大勢として

眠りに落ちよう

覚え違い

どこぞやの図書館が出してる

覚え違いタイトル集

めちゃくちゃ好きです

 

わたしも大概物事がうろ覚えなので

よく周りの人やTwitterで聞いて

補完してもらってますが

 

いざ正解を教えられて

確認してみると

かすりもしない覚え方してたりするんですよね

 

音ゲー曲でもよくある話

特に(ほとんど)やったことない機種に多いけど

有識者の方が必ずなんとかしてくれるから

すごいと思います

 

直近だと

なんでもかんでもCHEMISTRYのせいにするボルテの曲

カミサマネジマキ

 

サビでぽんぽこぽんぽこぽんぽこぽんぽこ言ってる初音ミクの曲

六兆年と一夜物語

 

私の中のジュニアがどうこうってボルテの曲

十面相

 

ALTの抱いてセニョリータみたいな曲

リフレクで1番好きなのにタイトルが出てこない

まるでマトリョーシカ

 

どんどん正しい名前が出てこなくなることが増えてきてます

老化かな?

老婆になったら支離滅裂なことを言っては

みんなを困らせそうで怖いですね

 

またなんか思い出せない時は教えてください

年代物

幼少のみぎりから憧れていたものが

いくつかあります

 

ひとつはうたのおねえさん

自分の歌が下手なことに気付くまでは

将来の夢でした

 

もうひとつはマジック

何もないところからハトをいっぱい出して

ハトに囲まれて暮らすことに憧れました

トリビアの泉でハトが仕込まれる物と知って

ちょっとだけ悲しかったです)

 

そしてもうひとつが

年代物の梅干しです

 

元から梅干が好きなんですが

何かのテレビ番組で

「漬けてから10年、20年の経った

年代物の梅干は

塩気の刺々しさがなくなって

旨味がギュッと凝縮され

塩だけで漬けた梅干でも

黒糖のようなコクのある甘味がする

50年モノとなれば尚のことだ」 

だなんて聞いてから

 

アホなもんだから

「10年後ならまだ高校生、

50年後でもたぶんまだ余裕で生きてるぞ!」

と気合が入っちゃって

 

思い立ったら吉日と

なんとか家にある梅干を

50年持たせようと画策したものです

 

一粒恭しくお皿に乗せて

冷蔵庫に入れたら

家族に翌日食べられていたり

 

家にあるストックをくすねて

机の隅に隠してみては

大掃除で見つかり処分されたり

 

そのうち何度も引越しを重ね

梅干をめぐる試行錯誤もすっかり記憶の隅

もう50年後の生に希望を持てない年齢に

なってしまいました

 

ところがこの前

たまたま家の冷蔵庫で2年と少し眠っていた

小田原・曽我の十郎梅で

白いごはんをいただいたら

 

塩だけで漬けた梅だというのに

塩っぱい以上に梅の実の甘みがほのかに主張し

おいしいのなんのって

あの頃の憧れが蘇りました

 

よく考えたら

多少足腰や胃腸が弱っても

極上の梅干一粒くらいなら

十分に楽しめそうなので

その日が来るまで生きる意味として

50年越しの終活として悪くないかもしれません

 

待ってなさい77歳の私

何もないへの落とし穴

夜が明けても

それからまた夜が明けても

おそ松さんが尾を引いています

 

何もない大人がテーマとなった

ショートコント「おそ松おじさん」

 

張りのない、不健康そうな肌

不摂生を絵に描いたような弱々しい髪

半分以上抜け落ちたボロボロの歯

 

ゴミ袋とダンボールの並ぶ

雑然とした、殺風景な部屋

ひび割れた壁と窓

卑しく、

 

それでも

かつては妻子がいたことが窺われて

ギャンブルで身を持ち崩す前は

仕事もしていた模様で

学校帰りの無垢な子供には

今でも不思議と慕われる

おそ松おじさんには「最低限の人間性がある」

 

「何もない」男おそ松おじさんが

哀れまれる対象として描かれることで

 

そして

彼が今の状況に至ったのは

誰しもが多かれ少なかれ抱く他者への劣等感と

その苦しみを紛らわすための現実逃避の手段を

たまたま間違ってしまった結果で

誰しもがいつでも「おそ松おじさん」以下になってもおかしくない

 

それでもこの話に救われるのは

哀れみから差し出された(ように見えた)

子供からの救いの手を

きちんと振り払うことができた

おそ松おじさん、

もとい

何もないおじさんになりきった男

松野おそ松の意地を見ることができたから

 

こんなことに思いがいたる時は

だいたいの場合

寒くてねむくてお腹が空いてるだけって

じゃりン子チエに書いてあったので

早いとこごはんにありついて寝ようと思います

仮装

おそ松さん15話、見ましたか?

毎週言ってる気がするけど最高でしたね

珍しくホラーに寄せず

1期3話のこぼれ話集に通じるスパイシーな笑いで

週始まりの憂鬱を吹き飛ばしてしまう

 

まず、兄弟一屁をこいてる末弟に裁かれる

松野おそ松くんが表情豊かで

ひたすらかわいそうでかわいくて最高でした

今回も然りだけど

裁判ごっこって大体極刑が下されがちな中

検察側も地味に10万円という

まあまあ理不尽な罰金をふっかけてる辺りが

兄弟喧嘩としてリアルでよかったです

トド松の尻は臭そう(最低)

 

性転換してもトト子ちゃんの太腿の前で逡巡する

ジェンダー松(申し訳程度のネタバレ回避)も

女子の鍵盤ハーモニカの吹き口ねぶってそうで

気持ち悪くて良かったし

 

あと細かい話

トト子ちゃんが

珍しく家事手伝いしていて新鮮だったけど

これももしかしてたら

「品行方正な女のコスプレ」なのではないか

って邪推できるのもよかったです

 

バーテンダー回も

久々にセクシークソタンクを着てた頃の

センスがひたすら空回りする

カラ松くんを感じられて良かったし

一周回ってこれはこれでアリな気がする

チビ太のメイド喫茶

カラ松の心の声が

素の極みといった趣でよかったです

 

注文の多い十四松も

アナルのことを「オシリノアナ」と呼ぶところから

匂い立つ育ちの良さが醸し出す怪しさと

人知を超えたサイケデリックなデザインが

めちゃくちゃ可愛くて良かったです

ああいう店新大久保とかにありそう(偏見)

でもあんな人間、いきなり現れたらただただ恐怖だよなあ

 

でもやはり特筆すべきは

何もかもを「しょうがない」と一蹴するしょうがない警察と

何もかもを「しょうがない」で捨て去った末路のおそ松おじさんの

対比をなす哀愁のコメディーでしたね

弱い心を笑い飛ばす要素がある

 

それでいて「終わった大人」のおそ松おじさんが

近所の育ちの良さそうなガキンチョ共から

なんやかんや慕われていて

ここぞというときには

なけなしのプライドを捨て去らない辺りに

弱い人間の矜持を感じ救われました

松は心の弱いオタクへのセラピー

 

ところで今週

享楽で身を持ち崩すおそ松然り

クソなセンスをひけらかすカラ松然り

童貞臭さMAXのチョロ松然り

根暗で卑屈な癖に急にスイッチ入る四男然り

底の見えない狂人ジュウシマツ然り

とことんドライモンスターの末弟然り

 

2015年の私たち視聴者が抱いていた印象が

各キャラクターに対して強く感じられる構成になっていて

いつも以上に各パートの「主」となる人物の

ステレオタイプが強化されていたような気がしませんか

 

もしかして今週の六つ子ちゃんは

「2015年の六つ子」

のコスプレをしているのかもしれない

 

なんてね